債務整理とは
『債務整理』とは、多額の借金を負ったとき、多重債務に陥ったときに、債務者の再生させるいくつかの方法のことです。
一般に個人消費者の『債務整理』の方法は自己破産、任意整理、個人再生、特定調停と4つにわけられますが、どの債務整理の方法が適しているかは、それぞれの債務内容(金額、取引年数など)や生活状況で決めることになります。
多重債務による借金問題は、法律問題となりますので、借り入れ債務を払いきれないと感じたら一日でも早く法律相談を受けて、適切な債務整理方法を法律事務所からアドバイスを受けましょう。
多重債務,借金問題
破産手続き開始の決定

提出した書類、裁判官から申立人への質問に対する回答等を総合的に判断して、既に自己破産の申立人が借金の支払が不能の状態になっていると判断すれば破産手続きの開始決定が下ります。
以前は破産宣告というでしたが、平成17年1月の破産法の改正で破産手続き開始の決定という名称にかわりました。
破産手続開始決定は裁判所によって多少異なりますが、審尋の日から数日後に出されることが多いようです。
しかし、審尋の結果、申立人が支払い不能の状態ではないと判断されれば、破産手続開始決定はなされず、元の生活に戻ることになります。
自己破産が認められなければ、任意整理や個人再生手続きなどの方法を検討することになります。
自己破産の申立以降取り立てが規制されていた債権者は破産手続申立が棄却されると再び取り立てにやってきます。
自己破産の審判が降りるかどうかは自己破産申し立てを行う前に弁護士に相談することをオススメします。
破産手続き,申し立て
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!